スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

万引きはNGだぞ!! おもしろ 

金払わねーで本持っていきやがったから
店内を出た所をとっ捕まえて責め立てたら『あ?万引きなんかしてねーよ』
なんてぬかしやがって
こいつぜってー許さねーとか思って事務室連れ込んで
店長と一緒に説教しようと座らせて
盗んだ商品机に置かせたら
なんとホットペッパーだった(´・ω・`)
俺クビになるかもしれない

コメント:俺も今度、あやしげな行動をおこしながらホットペッパーをw

[ 2007/06/28 23:14 ] おもしろ話 | TB(0) | CM(0)

名探偵コナン 殺人事件・・・おもしろ 

26日午後7時50分ごろ、米花市米花町のホテルロビーで「眠りの小五郎」として知られる探偵毛利小五郎さん(45)が頸部を針のようなもので刺されて死亡し、警視庁捜査一課が毛利さんと一緒にいた男子小学生(7)を重過失致死の疑いがあるとして補導していたことが分かった。

小学生は毛利さんの知人の子供で、以前から毛利さん宅で一緒に暮らしていたという。

関係者によると、毛利さんが偶然居合わせた殺人事件の現場で警察の捜査に協力していたところ、小学生が突然毛利さんに向かって麻酔針を発射し、毛利さんはその場で意識を失い呼吸困難に陥り間もなく死亡した。

小学生は警察の取調べに対して、麻酔針は以前から何度も繰り返し使用していた、毛利さんを殺害する意思は全くなかったと説明しているが、一方で自分は高校生探偵だなどと訳のわからないことも話しており、警察では小学生の精神鑑定を実施するとともに、腕時計型麻酔銃の入手経路などについても調べを進める予定。(日売新聞)

コメント:おいおい・・・そりゃあないだろ!ww

[ 2007/06/28 22:54 ] おもしろ話 | TB(0) | CM(0)

ドラえもんOOOについて 

笑えたら拍手とコメント下さい!

SEXについての認識のび家

のび太「ママ~SEXって何~?」

ママ「…………………花火のことよ」

のび太「へ~、じゃあしずかちゃんとSEXしてくる!」

ママ「ちょ、ちょ……のび太まちなさい!」

のび太自宅出発

のび太「ジャ…ジャイアンだ」

たけし「きさま何している」

のび太「これからしずかちゃんとSEXするんだ!」

たけし「のび太………これ持ってけ」

のび太「何これ?」

たけし「コンドーム」

のび太「あぁ?」

たけし「まぁ頑張れ、さよなら~」

のび太シズカ亭到着

のび太「しずかちゃんSEXしよ~」



しずか「えっ!?」

のび太「だぁから~SEXしよ~」

しずか「まだ正午」

のび太「そうだよね夜やるもんだよね」

しずか「当たり前じゃん」

のび太「じゃあ今日の午後8時に空き地でしよ~」

しずか「えっ!?野外!?」

のび太「もちろん、屋内じゃできないよ。ところで今まで何回くらいやったこ

とある?」

しずか「実は初めて」

のびた「うそ~、ボクなんか毎年やってるから100回はゆうにこえるよ!夏

場なんかしょっちゅうやってるからね」

しずか「すごいね」

のび太「うん大好きなんだよ。あの爆発した瞬間の輝きが何ともいえないよ」

しずか「やだ~」

のび太「どれくらいやる?」

しずか「1時間くらい?」

のび太「1時間は長いよ。30分で20発は余裕だよ!」

しずか「すごーい。ところであれって熱いの?」

のび太「あたりまえじゃん、メチャクチャ熱いよ。触ったら火傷するよ」

しずか「え!!!そんなの発射するの!? …そういえばあれって白色だよね」

のび太「いや、いろんな色があるよ」

しずか「えっ!?」

のび太「黄色とか赤とかいろいろあるよ」

しずか「黄色は確かに出るけど………………赤は危険だよ」

のび太「そうかなぁ~色と危険は関係ないよ」

しずか「じゃあ今日はピアノのレッスンがあるからまたあとで」

のび太「さよなら~」

のび太無事帰宅。

のび太「ドラえも~ん」

ドラ「てめえ何してた!?」

のび太「しずかちゃんとSEXの約束」

ドラ「マジ!?」

のび太「ドラえもんも一緒にやる?」

ドラ「もちろん!…3Pかぁ~」

のび太「やっぱりSEXはみんなでやったほうが楽しいもんね!!」

ドラ「なかなか言うじゃないか…」

のび太「ろうそくも忘れないで準備しないと」

ドラ「おま…ちょ…wろうそくってw」

のび太「だってろうそくが無いと燃えないだろ?」

ドラ「すげえな。ちょっと俺にはついていけないかも」

のび太「行かないの?変なの」

ドラ「お前に言われたくないってw」

のび太「まあいいや。パパにライター借りてこよ」

茶の間にて

のび太「パパ~。ライターかして」

パパ「何に使うんだ?」

のび太「しずちゃんとSEXするのに」

パパ「いかんいかん!!まだ子供じゃないか」

のび太「なんで!?パパは子供のときSEXしなかったの?」

パパ「当たり前だ!!」

のび太「パパは古いなぁ。いまどき子供だけでSEXするなんて当たり前じゃない」

パパ「マジで!?」

のび太「大げさだな。たかがSEXぐらいで」

パパ「のび太!!パパは22歳までSEXはしなかったんだぞ!!それをお前…」

のび太「それ遅すぎるって」

パパ「な…」

ママ「ちょっとあなた。どういうこと!?私には初めてだって言ってたのに!!」

パパ「や、それはだね。君ィ」

のび太「それなら、パパとママも今夜SEXすればいいじゃない」

パパ「よーし、パパがんばっちゃうぞ」

ママ「あらやだ、あらやだ」

再びのび太の部屋

のび太「あ~あ、夜まで待ちきれないや。先に一人でやっちゃおうかな~」

ドラ「あんた、強すぎw」

のび太「ドラえもんホントに行かないの?」

ドラ「いいっていいって。俺じゃ役不足だ」

のび太「なんだ、みんなでやると楽しいのに…」

ドラ「まだ言ってるのか。よっぽど好きなんだなw」

のび太「じゃ、またみんなでやろうよ。ドラミちゃんとかも呼んでさ…」

ドラ「てめ、ふざけんなよ」

のび太「何怒ってるのさ?」

ドラ「何考えてんだ?俺の妹だぞ!!」

のび太「変なやつだな…。わかったよ。じゃ、ドラミちゃんとは君が一緒にSEXすればいいじゃないか」

ドラ「………なんでもありかよ……」

のび太「いいよ、僕はセワシくんでも呼ぶからさ!!勝手にすねてれば?」

ドラ「孫も!?」

のび太空き地へ

のび太「今日のドラえもんなんか変だよな~」

のび太「あっ。出来杉」

出来杉「どうしたんだい?ひとりで」

のび太「あ、まずいな…」

出来杉「何がまずいのさ?」

のび太「いや、その…。出来杉君も来るかい?」

出来杉「どこに?」

のび太「空き地。しずちゃんとSEXしようと思ってさ」

出来杉「え!?しずかくんと!?ナニ!?」

のび太「いや、だからSEXするんだ」

出来杉「……なんでまた空き地なんだい?」

のび太「当たり前ジャン。振り回したりするだろ?」

出来杉「振り回すの…」

のび太「振り回すさ」

出来杉「その…。他には…。」

のび太「なんだい。君もSEXしたことないのかい?他にも派手に飛ばしたり色々さ」

出来杉「飛ばすんだ…」

のび太「飛ばすさ」

出来杉「あの…まさか顔に飛ばしたりとかは…」

のび太「まさか。絶対しずちゃん怒るよ」

出来杉「だよね~」

のび太「ジャイアンとスネオだったら顔めがけて飛ばしてやるんだけどな~げっはっはっは!!」

出来杉「ガクガクブルブル」

のび太「で、来るかい?」

出来杉「勘弁してくれ」

のび太家に戻る

のび太「大体にしてお金も持って来てないんだった。小遣いもらおうっと」

スネ「待て!!」

のび太「スネオじゃないか。なんだい?」

スネ「貴様、しずちゃんとSEXするって言いまわってるそうじゃないか」

のび太「なんだ、知ってるんだ。君もしたいのかい?」

スネ「当たり前だろ」

のび太「ちょうどよかった。君も少し協力してくれるよね?」

スネ「なにが」

のび太「ちょっと小遣いが足りなくてさ」

スネ「え……。金払ってやるの?」

のび太「そりゃそうだよ。ただでSEXは出来ないさ」

スネ「信じられない…。しずちゃんが…。そんな」

のび太「なんだい、金持ちなんだしケチケチするない」

スネ「その…いくら出せばいいんだ?」

のび太「そうだな、二千円もあれば十分楽しめるさ」

スネ「安!!おまえ、いつもしずちゃんとしてたのか?」

のび太「しずちゃんとは初めてだよ」

スネ「とは!?」

のび太「いつもは大人と一緒にすることが多いからな~」

スネ「あのさ、俺混じってもだいじょぶ?馬鹿にしない?」

のび太「なんだ、君も初めてなのかい?大丈夫、うしろから狙ったりしないから」

スネ「……できればそうしてくれ」

のび太「じゃ、どうせだからジャイアンも呼ぼうか。
     日ごろの恨み。
     ふたりでジャイアンめがけて飛ばしまくろうよお尻ぐらいだったら怪我しないでしょ」

スネ「ごめん。オナカ痛くなってきた」

のび太「なんだよ。じゃ、トイレ行って全部出してきちゃえよ」

スネ「……」

そのころ剛田家では

たけし「のび太のやつ…。しずちゃんとSEXしてるかな…」

クリ「おにいちゃん。SEXってなに?」

たけし「聞いてたのか!?」

クリ「SEXってな~に~?」

たけし「その…なんだ…。アワビにきゅうりをだな…。ちがうか?」

クリ「なんだかおいしそう…」

たけし「そ、そう。SEXってのはとってもおいしいんだよ」

クリ「わ~。あたしも食べてみたいな。SEX」

たけし「ちょ…。声が大きいそ。ジャイコ」

クリ「カアチャンに頼もうよ。今日の夜はSEXにしてねって」

たけし「おま…、ちょ…」

母「たけし!!ナニ騒いでるんだい!!!!」

クリ「かあちゃん今日の夜はSEXにしてね!!」

母「とうちゃんに聞いてみないとなんとも言えないね」

たけし「………マジレスかよ」

のび太コンビニに向かう

のび「とりあえず二人しかいないからな~。どれぐらいで足りるだろ」

先生「のび君。こんな時間に何しとるのかね?」

のび「せ、先生…。いや…その…」

先生「今日で夏休みは終わりなんだぞ。宿題はもちろんおわっとるんだろうな?」

のび「はい…。いえ…」

先生「どっちなんだね。まったくいったい何をしとるのかね?こんな時間に…」

のび「あの、これからしずちゃんとSEXをしようかと…」

先生「そうか、SEXもいいが…!?せ、セックスゥ?」

のび「あの、いえ…。そうなんです。別に遊びってわけではなく…」

先生「遊びだって!?」

のび「ち、違います。そう!!宿題!!自由課題がまだ終わってないんですよ」

先生「な…」

のび「だから…。そう!!僕の研究テーマはSEXなんです!!
    SEXの起源とか、日本人はなぜSEXが好きなのかとか、
    世界のいろいろなSEXとか、色々調べて発表しようと…」

先生「…で、しずかくんは同意したのかね?」

のび「そりゃもちろん。喜んでましたよ。一時間はやりたいって」

先生「わかった。それならば仕方ない。明日には間に合うんだろうね?」

のび「そりゃもう。なんなら徹夜でやりますよ」

先生「若いな~」

のび「それじゃ、僕はこれで」

先生「ちょっと待て!!教育者としてひとつ聞いておきたい!!」

のび「なんですか?」

先生「君は、SEXが好きかね?」

のび「はい、好きです」

先生「心のそこから大好きかね?」

のび「心のそこから大好きです!!」

先生「わかった。疑ってすまなかった。期待しているぞ」

のび「はい!!」

先生「あ、君ん家でするの?」

のび「いえいえ、空き地でします」

先生「ますます感心じゃないか」

のび「それじゃ、さよなら~」

のび太の携帯鳴る

のび「あ、もしもし。しずちゃん!?」

しずか「あ、のび太サン?今夜のことなんだけど…」

のび「あ、それなら今準備しようとしてたところ」

しずか「それがね…。今日は月に一度お食事会の日だったの」

のび「え~~。てことは…」

しずか「ごめんなさい。すっかり忘れてて。興奮しちゃってたから…」

のび「わかった。しょうがね~な。まさか、ジャイアンたちになんか言われたんじゃ」

しずか「そんなことないよ」

のび「ま、いいや。仕方ないからドラとでもするよ」

しずか「ドラちゃんと!?」

のび「だって、もうすっかりやる気だったもん。がまんできないや」

しずか「ごめんなさい…。ところで、どうやってやるの?」

のび「どうやってって?」

しずか「いや、どこにいれるのかな、と」

のび「あ~。発射するときのことね。適当に穴に突き刺すんだよ」

しずか「どこの?」

のび「穴だったら何でもいいよ。なにもなきゃ、地面に突き刺したっていいしね
    空き瓶なんか使っても…」

しずか「地面に瓶!?」

のび「うん。オロCぐらいがちょうどいいかな。安定するしね」

しずか「あ、そこは意外に普通…」

のび「やっぱオロCくらいがちょうどいいよね」

しずか「やん。のび太さんのエッチ」

のび「なにいってんの?」

しずか「これ以上言わせないでよ」

のび「2、3本まとめてやっても迫力あるよ~」

しずか「ドラちゃんすごいね」

のび「男同士だと、結構燃えるからね~。お互い打ち合いになっちゃったり」

しずか「……」

のび「ときどき間違って自分の顔とか目掛けて飛んできちゃったりしてさ~」

しずか「ガチャ。ツー、ツー」

のび「女の子とだとロマンスティックな感じなんだけど…。あれ!?しずちゃん?」

のび太家路へ

のび「あ~あ。なんかどうでもよくなっちゃったよ」

たけし「あっ。のび太」

のび「あ…」

たけし「で、どうだったんだよ。しずちゃんと」

のび「いや、それがね…。月に一度の大事な日だからって…。今日はやめにしたんだ」

たけし「月に一度の…。あ~。あれか」

のび「どれ?」

たけし「あれだよ。あれ。わかってるくせによ~」

のび「よくわかんないけど、がっかりだよ」

たけし「ま、気にすんなって。あれじゃしかたねえよ」

のび「やけに優しいな…。まさか僕に隠れてほんとはみんなでSEXするんじゃ…」

たけし「なんだと?」

のび「だっておかしいじゃないか」

たけし「てめぇ、俺たちをうそつき呼ばわりすんのか?」

のび「だって…。だって…しずちゃんだってああ見えて結構口がうまいほうだし…」

たけし「お口もか!?」

のび「うん」

たけし「うまいのか?」

のび「案外…」

たけし「う~ん。俺はモーレツに興奮してきたぞ!!」

のび「ま、スネオほどじゃないけどね」

たけし「スネオもうまいのか?」

のび「そりゃーもう。いつも痛い目にあってるさ」

たけし「痛いのか…。それもありかもなぁ」

のび「ま、君も気をつけなよ」

たけし「俺、スネオん家行ってくる」

のび太帰宅

のび「ただいま~」

ドラ「おっ。早いじゃん」

のび「結局中止だよ」

ドラ「おめぇ、なんか変なこと頼んだんじゃないのw」

のび「しょうがない。ドラえもん一緒にSEXしようか」

ドラ「だからwしないって」

のび「なんだよ。みんなして断ってさ
    あ~あ。おばあちゃんが生きてたらきっと優しく一緒にSEXしてくれたろうな…」

ドラ「…おまえって…」

翌朝

ドラ「起きろや!!今日から学校だろ!!」

のび「あ~!!宿題全然やってない!!」

ドラ「どうせいつものことだろwあきらめてさっさと行ってこいw」

のび「SEXの課題も忘れてた…」

ドラ「そんな課題あんのかよ?」

のび「いや、自由研究」

ドラ「自由過ぎだろ…」

のび家ダイニング

パパ「いやいや、昨日の夜はすごかったね、ママ」

ママ「もう…。言わないって約束したでしょ…」

パパ「はっはっは。すまんすまん。なんなら今夜も…」

ママ「ええ!?」

パパ「なんだい、そんなに驚かなくても…。まるで僕が不能者のような…」

ママ「そうじゃないのよ。これ…」

パパ「なになに…。小学校教諭、トラックに轢かれて死亡…」

ママ「これ、のび太の学校の先生じゃ…」

パパ「そういや、昨日やってる最中にやけに電話なってたよな」

ママ「だってあなたが『このまま四つんばいで電話取りに行け』なんて言うから…」

パパ「君だって『まだ抜かないでって』って…」

ドラ「……親もこれか……」

のび太学校に到着

のび「ああ、どうしよう。また怒られる…」

しずか「あっ。のびたさん、昨日はごめんなさい」

のび「いや、それはいいんだけど…。また立たされちゃうよ…」

しずか「えっ!?朝から勃つの?」

のび「そりゃもう。間違いないよ。へたすりゃ今日一日たってることになるかも」

しずか「体育倉庫で…」

のび「ん?」

しずか「いや、なんでも…」

スネ「おい、緊急生徒総会だってよ。体育館集合だ」

体育館にて

校長「えー。すでにご存知の諸君もいるかと思うが…
    ~中略~
    そういうわけで、生徒諸君の心のケアを優先し…」

のび「なにいってんだ、あのハゲ」

たけし「馬鹿!!聞いてなかったのか!?先生しんじまったんだぞ!!」

スネ「しずちゃんも知らなかったのかい?」

しずか「ええ…。あたしの家も夕べ帰ってきたの遅かったから…」

のび「……ってことは宿題は?」

出来杉「それどこじゃねーって」

午後PTA説明会にて

役員「説明してほしいザマス!!」

教頭「いえ、ですからなぜ彼が下半身を露出して空き地にいたのかは…」

役員「亡くなってしまったとはいえ、そんな変質者を野放しにしていた学校の責任はどうするんザマスか!!」

教頭「はあ…。あくまで個人的な趣味に関しましては…。なんとも…」

校長「で、なぜ彼はそんな格好で?」

教頭「今のところ警察によりますと、夜中に空き地で下半身を露出して隠れていたところ職務質問をされ、空き地を飛び出したところで撥ねられたとしか…」

役員「なにをどうしたって変態には変わりないザマス!!謝罪と賠償を要求…」

校長「彼は警察の質問にはなんと?」

教頭「はあ…。生徒がSEXするから教育者として見届けに来たとかなんとか…。ま、どっちにしろ変態だったということで」

校長「うむ、変態だ」



真性喪男のび太が本当のSEXの意味を知るのはずいぶん先の話です。

いつかあなたの街にも眼鏡をかけた男の子が

SEXの意味を尋ねにやってくるかもしれません

そのときは勇気をもって答えてあげてください

一人の偉大な教育者の勇気を無駄にしないためにも…

コメント:元凶は母じゃんw

[ 2007/06/28 15:50 ] おもしろ話 | TB(0) | CM(1)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。