スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

デスノート26話 

動画を見る前に!
FC2 Blog Ranking

ランクリ

ランクリをクリック後ページが変わりますので、

そこにある『ENTER』ってのがありますのでそれをクリックして下さると

inカウントが溜まってTOPに表示されるようになります!^_^

何卒御協力お願いします!

人気blogランキングへ




皆さんダルいと思いますがこの4個のランキングサイトをポチッとクリック宜しくお願いします!
押して下さると管理人のやる気へ繋がります!

タイトル
「再生」

ストーリー
L死亡後―。
Lの設立した捜査本部のシステムを持ち出していた月は、Lがこれまでキラ事件に関して調べてきた調査報告書を発見する。あと一歩でキラ事件の真相に辿り着くLの推理力と行動力に、月は改めて息を呑む。

世界の警察を動かせる唯一の人間であるLが居なくなった今、捜査を続ける為にはLの死を隠し、Lと捜査しているとみせかけなくてはいけない。日本捜査本部からの推薦で二代目Lを継いで欲しいとの要望を受けた月は、全てが自分の思惑通りに進む現状に「Lがいないと全てがぬるい」とほくそ笑み、二代目Lを引き受ける。その際、母と妹がいてはやりづらいと、ワンルームの一室を借りて捜査することを総一郎に認めさせ、そこを捜査本部の拠点とし、海砂との同棲を始める。
キラ、そして秘密裏に二代目Lとして行動する月は手始めに、自分の顔が割れているLの協力者、アイバーとウエディを始末。次に捜査時に関わった全てのヨツバ幹部を一斉に殺害。邪魔者を全て消去した月は、新世界の神へとまた一歩近づく―。

日本捜査本部の意向で、秘密裏に二代目Lとして行動する月。初代Lの敗因はキラを挑発し過ぎた事だとし、派手な行動を取らずにLvsキラの戦いを見事に演出。また、2012年4月には警察庁に入庁し、情報通信局・情報管理課に配属。犯罪者の情報を閲覧出来る立場になると、キラとしての活動をより活発化させるようになる。世界はキラへの恐怖の悲鳴、裏では声援とに二分され、徐々に裏の声が表に出始める。そしてついに、公に「キラは正義」だという者だけでなく、キラを認めると表明する国すら現れ、キラが”法”となる暗黒の時代へ世界は向かいつつあった。

一方、ワタリが創設した養護施設、ワイミーズハウスでは、ワタリ不在時の責任者、ロジャーが2人の少年を一室に呼び寄せる。ゆっくりと口を開いたロジャーは、少年達に「Lの死」を告げる。

[ 2007/08/20 14:46 ] デスノート系 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。