FC2ブログ














7月最強台風、九州南部横断=関東まで断続上陸も-1人死亡、49人負傷 


大型で非常に強い台風4号は14日午後2時ごろ、鹿児島・大隅半島に上陸し、同5時までに宮崎の東海上に抜け、北東に進んだ。九州に引き続き四国が暴風域に入り、近畿も入る見込み。15日にかけて本州の太平洋沿岸を進み、断続的に上陸する恐れもあり、気象庁は大雨、洪水、暴風、高波に厳重な警戒を呼び掛けた。
 梅雨前線の活動も活発で、東北にかけての広域で大雨となり、土砂災害に警戒が必要。4号の九州上陸時の中心気圧は945ヘクトパスカルで、7月に上陸した台風としては1951年の観測開始以来最も低く、最強。
 鹿児島では14日、増水した川に流され男児が死亡。沖縄に接近した12日以降、負傷者も9県で49人に上り、6県の約2万7600人に避難勧告が出された。
 4号は14日午後5時現在、宮崎市の東北東約40キロの海上にあり、時速35キロで北東へ進んだ。中心気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル。南東側240キロ以内と北西側190キロ以内は、25メートル以上の暴風域。
 15日午後6時までの24時間予想雨量は、多い所で、東海が450ミリ、近畿南部と四国の太平洋側が400ミリ、関東甲信が350ミリ、東北南部の太平洋側と四国の瀬戸内海側が250ミリ、東北南部の日本海側と九州北部、近畿中部が200ミリ。
 4号は15日午前3時には和歌山市の南南西約60キロ、同日午後3時には静岡市の南西約40キロ付近に進む可能性が高い。勢力は徐々に弱まるが、太平洋高気圧の影響で速度が上がりにくく、大雨の時間が長くなるという。
[ 2007/07/14 22:11 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://animeis.blog110.fc2.com/tb.php/147-9233352c