スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ビックリ 

・・・・
すでに流出済みかもしれませんが…



代表作ともいえるジブリの作品、『となりのトトロ』


実はあの作品…本当はとんでもなく怖い話だという噂がひろまっています。

それはサツキとメイの死亡説。

さつきとメイは途中で本当は死んでしまい、それを父親が想像で生きていたらこうなっていて欲しかったと書いたのがとなりのトトロであり、作中でずっと書いていたのはその原稿だという説。
まず、トトロというのは死神、冥界への使者という意味があり、トトロに会った人は死が近い、もしくは既に死んでいるという裏設定のようです。そして母親の入院していた七国山病院のモデルとなった八国山病院という実際にあった病院は末期患者や精神疾患患者を収容する場所であったという話もあります。メイが行方不明になって池でサンダルが見つかる騒ぎが途中でありますが、あの時既にメイは池で水死しており、真新しいメイのサンダルを見たさつきが現実を認めたくない気持ちから「メイのじゃない・・・」とひきつった表情で嘘をついてしまいます。
そしてさつきはメイを探すため、メイがトトロに会ったという場所に行き「お願い・・・トトロに会わせて!!」「トトロ、メイが迷子になっちゃったの。探したけど見つからないの。お願い、メイを探して!今頃・・・きっとどこかで泣いてるわ・・・どうしたらいいか分からないの!」「みんなには見えないんだ・・・」というセリフから分かるように、さつきは自ら冥界への扉を開け、魂を運ぶ乗り物である、猫バスに乗ってメイの元へ向かったのです。
さらに病院のシーンでは母親が「今、あの木のところで、さつきとメイが笑ったような気がした」という。
なぜ母親だけに二人の姿が見えた気がして、尚且つ二人は近くまできているのにも関わらず、実際には両親に会わずにメッセージ付きのトウモロコシを置いていったのでしょうか。
それは二人が既に死んでいるからです。
あとこんな噂がある。
・メイが行方不明になった後から、メイの影がなくなっている。
・最後のシーンでは全員が若返っており、実はあれは後の話ではなく、生前の昔のシーンをくっつけハッピーエンド風に仕立てただけ。
・メイは冥という意味
・昭和60年代に姉妹が残虐された実際の事件をモデルにしている


さらに『トトロ』というのは『トロール』という言葉からきたそうです。
トロールっていうのは妖怪であって、それに出会ってしまうと死んでしまうということなんです。


この事実を知ったとき、寒気がしてしまいました。

ほんとにビックリです!

[ 2007/07/08 20:55 ] ビックリ | TB(4) | CM(1)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2007/07/09 06:55 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://animeis.blog110.fc2.com/tb.php/111-464f057d


-

管理人の承認後に表示されます
[2007/09/25 15:08] URL

-

管理人の承認後に表示されます
[2007/09/26 17:37] URL

-

管理人の承認後に表示されます
[2007/10/18 15:19] URL

-

管理人の承認後に表示されます
[2007/10/22 11:11] URL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。